【ストレス過多な人に警告!!】ドカ食いを繰り返してしまう人の身体に起きている現象とは?

健康
スポンサーリンク

皆さんは日頃、ドカ食いをしてしまっていませんか?

私も会社にいた時は衝動に駆られてドカ食いしていた時もありました。

今現在、ドカ食いをしてしまっている方にお伝えしたことがあります!

ドカ食いは脳委縮、老化促進、病気発病、仕事意欲低下、注意力低下などなど体にものすごく悪い影響を与えてしまいます!!

ドカ食いを放置せず改善し、健康を手に入れましょう!!

この記事を最後まで読んでもらえればドカ食いの本当の怖さが分かり予防出来るようになります!

自分のためにドカ食いと向き合いましょう!!

ドカ食いの原因は?

ドカ食いする人のほとんどがストレスを抱えていることがほとんどです!!

ドカ食いの行為はストレスから解放されるため=ストレス発散のためと思いがちですが実はそうではない側面があるんです!

それは「自傷行為」と呼ばれるやつです!

自傷行為とは3つに分かれていて

  • 薬物の乱用または依存
  • リストカットなどの自傷
  • 食行動異常

この行動を伴っている物は自傷行為とされドカ食いや暴飲暴食は「薬物の乱用または依存(泥酔)」「食行動異常(ドカ食い)」に当たります。

自傷行為はひどくなると精神疾患にもつながることが分かっています。

ドカ食いがクセになっていると

ドカ食いは1回だけならそこまで体に影響は与えないといわれていますが

ドカ食いを何回もしてしまっている人は

  • 老化皮膚の老化、認知症、ホルモンバランス異常
  • 病気糖尿病、高血圧、ニキビ、内臓機能低下
  • 生活生活習慣が怠惰、やる気の低下、だらだらする

など脳にも体にも気持ちにもすべてに影響を与えてしまいます。

それは一つに中毒症状に陥ってしまっているからです。

では今一度、なにがドカ食いをさせてしまっている原因なのか特定してみましょう!

ストレスの原因の把握が重要!

ではさっそくストレス原因を思い返してみましょう。

  • 職場の人間関係・拘束時間・仕事環境
  • プライベートの人間関係
  • 将来の不安・睡眠時間低下
  • アレルギーや病気にかかっている

などなどいろんな理由でストレスがかかっていると思います。

その中でどれが自分にとって一番のストレス原因なのか?把握しましょう!!

把握したら次はストレスがかかった時にどんなものをドカ食いしたくなるか理解していきましょう。

ドカ食いしたくなる食品は?

実はドカ食いクセがある人はドカ食いをする前から、日常的にある傾向のある食品を食べているんです。

それが【精製白砂糖】【脂質と糖質を多く含んでいる食品】【脂質と塩分を多く含んだ食品】です。

それの何が悪いかといったら血糖値を急に挙げてしまうんです。

例を挙げると

  • コーラ ・甘い炭酸飲料系【精製白砂糖】
  • フラペチーノ・タピオカミルクティー【脂質と糖質を多く含んでいる食品】
  • チーズバーガー・ピザ【脂質と糖質と塩分を多く含んだ食品】
  • フライドポテトやポテトチップス  【脂質と糖質と塩分を多く含んだ食品】
  • アイスクリーム・クッキー ・チョコレート【脂質と糖質を多く含んでいる食品】
  • ラーメン・どんぶりもの【脂質と糖質と塩分を多く含んでいる食品】

以上のものを日常的に好んで取っている人はドカ食いをする前からドカ食い準備をしているようなものです!

特に日常的に甘い炭酸飲料を飲み昼はラーメンやどんぶりものを食べ、間食で甘いものを食べている人は脳が中毒状態なのでストレスがかかると自傷行為で上記のものをドカ食いしてしまいます。

なのでいつもマック、スタバ、ゴンチャ、二郎、家系、スタ飯などなど血糖値を急に上げる食品を当たり前に取っている方は生活を見直してみてほしいです。

そうすれば、ドカ食いの衝動自体が無くなってきます。

それでもドカ食いしたくなったら

しかし、ドカ食いしたくなる時もあると思います。

そんな時は以下の行動をしてみてください!

  • ストレス度合いを確認する
  • 運動、軽く走る
  • お風呂に入る
  • いい食事をとる

ストレス度合いを確認する

ストレスは自分でコントロールすることができます。

そのやり方はストレスの数値化です。

ストレスを受けた時に1~100の間で判断するんです。

1が平常時でMAX100が言い方が悪いですが殺してしまいたいくらい怒っている状態です。

それをストレスを受けたタイミングで判断するだけでストレスの度合いが自分で把握できてストレスを引きずらずにドカ食いを避ける方法です。

この方法を使うためには最初に伝えた何が自分にとってストレスなのか把握している必要があります。

是非、自分の心に問いかけてみてください。

運動、軽く走る

軽く走ったり、運動すればアドレナリンという物質が脳から出てドカ食いの衝動を抑えてくれます。

これは効果的で時間は15~20分くらいのジョギングで大丈夫です。

運動している段階で頭にあるもやもやがすっと降りてくるのを感じるはずです。

運動することで健康にもなれるので特におすすめの方法です。

ドカ食いしたくなったらランニングする!!いい習慣になりますよ。

お風呂に入る

お風呂に入る(浸かる)のは凄く効果的です。

なぜかというとお風呂に浸かっていると脳からベータエンドルフィンというリラックスするホルモンが出てきます。

そのホルモンが出ることでドカ食い衝動が無くなりストレス自体の軽減にもなります。

それだけではなく、肌の質や睡眠の質の改善にもつながるので身体的ストレスが原因な場合でも効果的ですよ。

いい食事をとる

ドカ食いをしやすくなる食品もあればドカ食いをしなくなる食品もあります。

それは【水分と食物繊維が豊富な食品】【塩分と脂肪分が少ない食品】です。

それはキュウリ、ニンジン、ブロッコリーといった【水分と食物繊維が豊富な食品】

豆類、サーモン・タラなど魚を使った【塩分と脂肪分が少ない食品】です。

いずれも摂取し続けることで精神安定効果もあるといわれています。

そのためもしドカ食いしても次のドカ食いに発展しません。

そして、日頃から取ることでそもそもドカ食いしない状態になるんです。

ドカ食いをしなくなった先に

ドカ食いをしている時はその時の衝動に身を任せていたと思いますが原因を見つめ直し対策や予防すればストレス自体が減り病気になりにくくなります。

そうした状態になりたくないですか?

ストレスフリーで健康な人生にしていきましょう!!

その一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。

Pocket

コメント

Copied title and URL