あなたは笑顔ができなくなる!?【歯周病の本当の怖さ教えます!!】

健康
スポンサーリンク

こんにちは、健康大好きyamatoです(^^♪

今回は歯周病になっている方にお伝えしたいことがあります。

この話を聞いてもらえばどれだけ歯周病が怖いか分かるはずです!!

今回の話を聞いて皆さんが歯周病の怖さを知って対策するきっかけになればと思います。

皆さんは歯周病を本当に理解していますか?

歯周病は現代人にとってすごく密接な病気なんです。

なぜなら、成人の80%が歯周病に罹っていてその事実を重要視していないことにあります。

歯周病の怖いところは動脈硬化や、糖尿病の悪化、早産・低体重児出産、食道がんを引きおこす原因になることがわかってきています。

その原因となるのが、口の中にいる数十種類もの歯周病菌による「感染症」だからです。

これらの細菌が、血行を介して全身をまわったり直接臓器についたりして繁殖し、「悪さ」をするわけです

よく、家庭の医学などでも本当は怖い歯周病など特集が組まれているくらいです。

それなのに、多くの現代人はその怖さについて理解が少ないです。

コロナやインフルエンザ、風邪など「感染症」に罹ったらすぐに病院に行くのに常に感染している歯周病の場合は気にしていません。

そんな皆さんに今回はわかりやすく外見上から起こる歯周病の怖さを伝えていきます。

歯周病に罹ったら歯茎はずっと下がり続ける。

皆さんは歯周病になったら見た目上どんな変化が起きると思いますか?

特に意識していないと思いますが凄い変化が体には起きているんです。

それは歯茎の位置です。

歯医者に行って歯周病だと判断され基準は歯周ポケットが4ミリ以上からです。

その、歯周ポケットが治る場合、どのように治ると思いますか?

もし腫れが引いて歯周ポケットの部分が元通りになると思ったら大間違いです!

歯周病が治った時は歯周ポケットがある高さ(4ミリなら4ミリ)まで歯茎(歯肉)が下がって治るんです。

イメージだとこんな感じです。

治ったとしてもドンドン歯肉が下がっていきます。

歯周病は放っておくとドンドン歯肉が下がっていき、それに気づいて治ったとしても見た目が戻ることはありません。

気付いた時より治療後は下がった状態で落ち着きます。

見た目が悪くなることに気付いていない!

この写真からわかるように歯周病は早期に治療しないとドンドン歯茎(歯肉)が下がっていき見た目がドンドン悪くなっていきます。

しかもそのことに気付いて治療をしたとしても気付いた時より歯茎が下がって完治します。(歯周ポケット=歯茎が腫れている部分なので治療して正常な歯茎になった時は腫れが引きより歯茎が下がっている状態になるため)

女性はもちろん!男性でもスキンケアをする方が多い現代で肌は意識しているのに笑った時や話す時の歯茎は全く気にしていない今の日本の現状…

そのことが病気になる以上に深刻だと感じています。

歯は1本、100万円の価値があります。

それと同時に歯茎治療は1本10万円前後、30本なら約300万円です!

しかも人によって成功しない場合もあります。

歯茎治療は整形と一緒なので体にメスを入れます。

そうならないためにも早期治療が必要なんです。

歯を大事にすれば老化を防げる。

歯の保有率で健康が維持できるという研究が出ています。

歯を守ることこそが人生100年時代を切り抜ける鍵になってきます!

そのことを理解した上で日頃の歯磨きや定期健診の意識を変えて行ってみてください。

社会人の80%以上が歯周病である日本の現状からみても意識していないほぼ全員が歯周病に罹っています。

歯周病に罹っていない上位20%になるため、そして何より病気や見た目の変化が起きないように頑張って歯のケアに努めていきましょう!!

意識して行動を変えればきっといい未来が付いてくるはずす。

皆さんの健康がより長く続くように祈っております!

今回は本当に怖い歯周病の話でした!!

次回も健康情報発信して行きますのでみんなで健康意識高めて行きましょう!!

それでは次回までbaybay

Pocket

コメント

Copied title and URL