Uber配達250件以上して分かったこと

Uber
スポンサーリンク

こんにちは、Uber配達員のyamatoです(^^♪

6月の末からUber配達を始めて2ヶ月が経ち、計258配達行いました。

その経験から分かってきたことを共有していきたいと思います。

これを見てUber配達の参考になれば嬉しいです。

Uber配達して分かったこと

  • バックを背負うのは大変(夏場は凄くきつい)
  • 場所によって配達依頼の数が違う
  • 一週間休むと配達依頼順位が下がる
  • 配達場所は1/5で間違った場所になることが多い

いろんな経験をしましたが、その中でもこれからUber配達をする人に向けて話していきます。

バックを背負うのは大変(デメリットも多い)

皆さんは、日常生活でリュックは背負っていますすか?

Uber配達はウバックというリュックを背負って配達を行いますが実はリュックを背負うデメリットが何点かあります。

  • リュックを背負ったり降ろす時にリュックが傾く
  • リュックを背負いながらの運転は気を遣う
  • リュックは背中が蒸れて熱い

リュックを背負ったり降ろす時にリュックが傾く

リュックを使ったことのある人ならわかるかもしれませんが

リュックは平行して荷物を背負ったり降ろしたりすることはできません。

どう頑張っても絶対傾いてしまいます。

その際に中の荷物が傾いたり液体がこぼれてしまうなどトラブルや外見上の変化を経験をしていると思います。

現にTwitterでも寿司が端によって配達されたなどのツイートは探せばきりがないほど出てきます。

リュックは配達工程で最低2回は傾かせる可能性があるため私はリアキャリアを自転車に取り付けることをお勧めしています。

(レンタル自転車などでカゴにウバックを無理やり斜めで配達している方が居ますがそれもおススメしません!)

そして、中の下敷きに厚みのあるクッション素材を入れておくと傾くことや衝撃で配達物が動くこともありません。

リュックを背負いながらの運転は気を遣う

Uber配達は受け取りや受け渡しの時もそうですが荷物を運んでいる最中がとても気を使います。

クロスバイクやロードバイクを使うなら前傾姿勢でウバック自体が傾かないように注意しなければなりません。

そしてウバックは予想以上に大きいため後方確認が大変です

方確認する時は首だけ後ろに向けても全く見えません、そのため身体ごと左右に大きく振って確認する必要があるんですがそうすると荷物が動いてしまいます。

それを防ぐためゆっくり後方確認をするようになるんですが、そうすると背中から首にかけて肩こりや首こりになってしまいます。

街中では前傾姿勢のクロスバイクやロードバイクの配達員を多く見かけますが、私の経験だと中の荷物は傾いているだろうなと思います。

リュックは背中が蒸れて熱い

これは個人的に凄く重要なポイントなんですが

夏場は外にいるだけで黙っていても汗をかいてしまう環境なのにリュックを背負っていると汗の量が半端ありません。

もう地獄かなっていうくらいです。

熱中症になってしまうリスクや背中の汗疹(あせも)や汗かぶれの原因にもなってしまうので夏場のリュックは健康上からもあまりお勧めしません。

yamatoおすすめのリアキャリアとクッション材

おススメリアキャリア

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: img63559087.jpg
ウバックとジャストフィットするので傾いたり動いたりすることもありません。

GAMOH キングリアキャリア(ブラック/ウッド)

おススメのクッション材

切らずにそのまま使えるので凄く重宝しています

ウレタンフォーム波型

場所によって配達依頼の数が違う

これはUber配達をする上でとても重要な考え方です。

やはり都市部の方が安定して配達依頼が来ます。

特に17時前後は配達依頼が少ない時間帯ですが都市部の方は比較的数珠(連続配達)になりやすいです。

そのため、近場で待機時間が長い人は運動がてら都市部の方に移動しながら配達依頼を待つほうが効率的だと感じました。

特に9時以降は都市部の方が圧倒的に配達依頼が多いです。

一週間休むと配達依頼順位が下がる

これは以前、私が経験したUberで配達キャンセルはご利用的に(デメリットありますよ!)からUber配達で配達依頼(ピックアップ)が回復した話を経た後に汗かぶれから皮膚炎に罹ってしまい7~10日間ほどUber配達を休んだ後に明らかになったことです。

それ以来、明らかに配達依頼が少なくなくなりました。

どれくらい少なくなったかというと土曜日の夕方から夜にかけて1時間に2件ほどしか配達依頼が来なくなるほどです。

以前の配達キャンセル2回し配達依頼が回復してからは配達キャンセルもなく低評価が付いていなかったことからUber配達を休んだ期間が長かったため配達依頼が減ったのだと思っています。

そのため、一週間以上は休まないことをお勧めします。

配達場所は1/5で間違った場所になることが多い

これはUber配達員あるあるだと思いますが、思った以上に配達場所の間違いが多いのと配達場所のマンション名や部屋番号の記載がない場合が多いです。

調べてみたところマンション名や部屋番号、住所などは記載していても反映されないこともあるらしいため一概に注文者が悪いわけではないようです。

配達手順としてはお店で荷物を受け取ったらまずは配達場所の住所やマンション名・部屋番号の記載があるか確認しましょう。

マンション名や部屋番号の記載がない場合はチャットで確認しましょう。

これを最初にしないと目的地に着いてからあたふたします(;’∀’)

特に目的地に着いてからピン(ここに配達してくださいの目安)を見た時に地図を近づけた時に記載されたマンション名じゃなかった時の絶望感は半端じゃないです。

住所のピン(ここに配達してくださいの目安)がずれている場合はマンション名をグーグルで検索するのがおすすめです。

そのうえで検索に引っかからない場合もあるので、そうなったらチャットで注文者に確認してから配達するのが一番時間ロスが少ないです。

以上になります。

これ以外にもいろいろ気付いたところありましたら共有していきます。

暑い中の配達で配達トラブルや体調トラブルが起きていますので体調管理をしながら配達トラブルを回避しましょう!

皆さんの中で気になったことありましたらコメントください。

待ってます♪

それでは次回までbaybay

Pocket

コメント

Copied title and URL